Jakarta Communication Club
ジャカルタコミュニケーションクラブ
 Since 1997

よもやまクラブ by Ibu KAIKIRI                           

 



よもやま日誌
平成21年

ー12月ー

2009年12月25日(金)
クリスマス風景
子どもを持たない私にとって、
クリスマスはいまだに誰かとどこかで食事しなければ…の日である。

2009年のクリスマス。
夕刻、姉と待ち合わせの場所に向かう。
はたして街はカップルであふれ返り、
カップルでない人たちも、ほとんどが連れがいる。
一人歩きがいつもに比べて本当に少ない。

すでにクリスマスケーキは半額で売られ、
デパートではクリスマスデコレーションが撤去されていた。
これから徹夜でお正月模様に仕上げていくのだろう。

寿司とてんぷらを食べ、カラオケで歌って、帰ってきたのが11時前。
夜食に一昨日買ったワインをフランスパンで味わおうとしたら、コルクが抜けない。

コンピュータで、「ワインのコルクが抜けない」の一文で検索したら、16300件ヒットした。

その回答のベストアンサーに選ばれていたのはなんと、「抜いてダメなら押し込んでみな!」
ワハハハ・・・と大きな笑いを発したところで、0時を知らせる時計の音が聞こえてきた。

2009年クリスマス風景、これにて。

2009年12月24日(木)
バリウム
本日胃がんの検診。
初めてのバリウム体験…かも…。
どうして、かも…かというと、以前飲んだことがあるような気がするからだ。
でも、胃関係の病気はしたことがないし、
たぶん、バリウムのエピソードを人からよく聞くから
自分も飲んだことがあるように錯覚しているのかも…。
いや、でもたしか飲んだことがある…ような…いや、だがしかし、ふーむ…
なんて考えながら、おなかの膨張感と戦った一日であった。


それにしても、クリスマスイブにこんなネタしかないなんて。


en塾ブログ ENJUKU'ku

2009年12月23日(水)
日本語ミュージカル「かぐや姫」
身辺がいろいろばたばたしたせいで、
本当は2ヶ月前にアップしなければならなかったニュースを
今日やっとお届けできる。
学生劇団en塾の初年度公演、日本語ミュージカル「かぐや姫」のようす。
ぜひぜひ、ぜひぜひぜひぜひ、ご覧ください。

生劇団en塾公演・日本語ミュージカル「かぐや姫」

2009年12月22日(火)
冬はやがて春に続く
ぐっと寒くなっている。
これまでになく長く日本に滞在している私は、
ひさしぶりに季節の移り変わりを体感している。
夏から秋、秋から冬。
来年は20年ぶりぐらいに日本の春を過ごすことができそうだ。
インドネシアに骨をうずめる覚悟の私に、
たぶんもう来ないであろうこの機会、
桜の花をしっかり見ておきたい。

2009年12月21日(月)
第九
いつかは行ってみたいと思っていた第九の大合唱に、昨日行ってきた。
第九ひろしまは、1500人の合唱団に5000人の観衆。
あわせて6500人の全員で歌うのはほんの数フレーズ。
それでも年末の定例イベントとなっているらしく、
かなりたくさんのリピーターがいるように見えた。

それにしても、1500人のコーラス団員のみごとさ。
昨年、170人コーラスをまとめていくのに四苦八苦した私には、
埼玉から鹿児島まで20の合唱団1500人を、
この日、この場所で、この結果を出させるまでもってきた、その過程が神業に思える。

きっと、練習が始まる前にいろいろなことが練られたはずだ。
コーラス隊のやる気を維持させていくには?
練習を効率的に行なっていくには?
数回しかできない合同練習をどのように進めていくか?

大所帯はまずはシステム。
先週、新団員のオーディションが行なわれ、
100名近くなったen塾の、大きな課題でもある。


en塾ブログ ENJUKU'ku
 Jakarta Communication Club

JCC1- Jl.Cipaku2 No.27 Kebayoran Baru Jakarta Selatan 12170 INDONESIA
(TEL) 7203966/72791829 (FAX) 7203966

JCC2 - Jl.Cipaku2 No.4 Kebayoran Baru Jakarta Selatan 12170 INDONESIA
(TEL) 7257266/7250530 (FAX) 7257266


http://jccindonesia.com