Jakarta Communication Club
ジャカルタコミュニケーションクラブ
 Since 1997

よもやまクラブ by Ibu KAIKIRI                           

 



よもやま日誌
平成23年


ー2月ー

2011年2月28日(月)
facebook
プロモーション部の新人スタッフ、ファドゥリによって、
JCCのオフィシャルfacebookが開設された。
どうぞお越しください。
ついでにものすごくにぎやかなen塾facebookもご覧ください。

JCC facebook
ENJUKU facebook


2011年2月25日(金)
10円袋
広島のネタが続くが、昨年夏に広島に帰ったときのことである。
ある朝、新聞が来ていなかったので、
販売所にその旨伝えるために電話をした。
そうしたら、ほんの10分ほどで右の写真のものとともに新聞が届いた。
うちわ、そして「大変ご迷惑をおかけいたしました」と書かれた小袋。
中には10円玉1枚が入っていた。
電話代であることは明確である。
日本って、サービスの形が実に繊細。

2011年2月24日(木)
ちからのうどん
今月初めに広島のお好み焼きのことを書いたが、
お好み焼き以上に好きなのが、
「ちから」といううどんのチェーン店のてんぷらうどんである。
写真の出来が良くないが、それでも見ただけで心は広島に飛ぶ。

東京に支店はできないのだろうか。

2011年2月23日(水)
劇団 en塾 運営委員
写真は、ほぼ1ヶ月前になるが、
1月21日のen塾設立記念日に集まったときのもの。
立ち上げメンバー、2年目のメンバー、
そして今年新たに入ったメンバーと、三世代が勢ぞろい。

どの世代も初めはなかなか足並みがそろわない。
今年も1月の初めに新運営委員体制となってから、
ぎくしゃくとしていたが、
本日のミーティングあたりから、様子が見えてきた。

山を越えれば広がる景色を堪能できる。
この写真もその一つである。

2011年2月22日(火)
2,2,22
1月11日と同じように、見ていてすっきりさわやかな日付。
だが今日の私はすっきりさわやかでなく、眠い!
なぜ、どうしてこんなに眠いのか。
睡眠は充分取れているのに…。

ところで今日は、
6月にインターカルト日本語学校と行うイベントのための会場を探して、
5か所めぐりをした。
結構思いにそったところが見つかり、イベントへのやる気が一気に上昇。
やるぞ〜〜〜!!!

2011年2月21日(月)
JCCフリーマーケット
恒例となったJCCフリーマーケットも15回を迎えた。
JCCができた当初は年2回行っていたこともある。
とにかく,にぎやかで熱気むんむんで楽しいイベントのひとつ。
写真でご覧ください!!

2011年2月18日(金)
ビデオカメラ

念願のビデオカメラを買った!!
ここ数年、ほしいなぁ〜と思っていたが何となく決心しかねていた。
だが、今年はインターネットを使ったプロモーションに重点を置こう決めたので、
そのためにも必須と判断。
早速明日のフリーマーケットの様子を録ることにした。
まぁとにかく新しいものって、うれしいものです…うふふ。

JCCのプロモーションビデオも、en塾のご紹介ビデオも、ニューバージョンを作る予定。
よろしければ久しぶりにこのふたつのビデオをご覧ください。






2011年2月17日(木)
優先席

これがはたして功を奏するのか。
帰国時にバスで見た広報「全席優先席」。
優先席以外でも譲り合いを忘れないように、という趣旨なのだろうが、
これによって優先席という特別なシートはなくなった。
やっぱり譲る人は減るんじゃないんだろうか。

私もいつかは譲られる日がやってくるんだろうなぁ。
ショックだろうなぁ。
昔、席を譲ってむっとされたことがあったけど、
今なら何となくわかる、その気持ち。

せいぜいいつまでも元気で若々しくいられるよう、努力しよう!


2011年2月16日(水)
祝日名

昨日2月15日はインドネシアの祝日だった。
前夜、学生たちに「何の祝日?」と訊ねたところ、「何だっけ???」。
インドネシアには宗教や民族がらみの祝日が多いという話を先週書いた。
ついこの前、チャイニーズイヤーがあり、来月初めにはヒンドゥーの祝日がある、
なのに、2月15日は何の祝日か思い出せない。
正解はムハンマドの生誕祭。
ちなみに訊ねて答えられなかった学生はどちらもイスラム教。

そういえば私もよく昔は、建国記念日とか勤労感謝の日とか、
日にちがはっきり言えなかったなぁ(実は今も自信はない)。
ましてやこちらはヒジュラ暦(陰暦)なので毎年日にちが変わる。
仕方があるまい。
今年のインドネシアの祝日を知りたい方はこちらをどうぞ!
↓↓↓

2011年インドネシアの祝日


2011年2月14日(月)
バレンタインデー

…といっても、チョコを渡す相手もなし。
そんなわけで今日は、この写真。
金曜日の日誌で、おみくじコーナーのことを書いたが、
この顔抜きパネルも各イベントで大好評。
和装の新郎新婦の絵だが、観光地によくあるように、顔部分を丸くくりぬいてある。
ここに顔をあてて写真をパチリというわけだが、そこはJCC、ちょっとひとひねり。
ご希望とあらば、芸能人との結婚を叶えましょうと、
木村拓哉、松本潤、浜崎あゆみ、上戸彩の顔写真を用意。
等身大なので、各イベントで結構目立っている。
ちなみにこれを仕上げるのに大活躍して下さったのが渡辺先生。
大きな絵はとても難しかったと思うが、
出来具合の素晴らしさにスタッフ全員大感激。
さぁ、おみくじも顔抜きパネルも、今年もたくさん頑張ってもらわねば!!


2011年2月11日(金)
おみくじいろいろ

昨年秋に日本に帰った時にシリーズ、第2弾!
田舎の広島でお参りした神社にあったおみくじ売場。
神社のおみくじも様変わり、というか、なんでもありというか。
スタンダードのおみくじに加えて、
子供みくじ、恋みくじ、おまけに英語版おみくじ。
さすが、神社もなかなか商売上手。
かくいうJCCも最近のイベントで、
もっとも人気があるのがJCCおみくじコーナー。
ちなみにJCCのおみくじには、日本語とインドネシア語を併記。
しかも大凶を引いてしまった人には、JCCの特製Tシャツをプレゼント!!
そのおかげで、大凶を引くまで粘り続ける(買い続ける)人がいたりして、
とてもにぎやか。
やっぱり占いって、みんな好きなんですね。


2011年2月10日(木)
忘れ物コーナー&フリーマーケット

昨年秋に日本に帰った時に、
スーパーマーケットのエスカレーターわきに面白いものを見つけた。
それは、落し物コーナー。
これを見て浦島花子が思ったことあれこれ。
@日本は親切
A日本人はまめ
Bよくぞここまで落としたり忘れたりするなぁ
Cどうして取りに来ないんだろう
そして、インドネシアに長く住んでいる人間としては、何よりこの疑問。
Dこれらがほかの人に持って行かれちゃわない日本って、すごい

さてさてJCCのフリーマーケットの時期がやってきました。
詳細はこちら↓

JCCフリーマーケット


2011年2月9日(水)
病み上がりのパワー

先週の土曜日、2011年劇団 en塾の初めての稽古があった。
昨年の9大学65人から、一挙に20大学90人に。
さぁて、どこから手をつけていこうか…というのが、正直な気持ち、です。

ところで、昨日病み上がりに神様が降りてきたのか、
5分の1で止まっていた今年の演目「雪女」の脚本が、仕上がってしまった。
その勢いで昨晩帰宅してからも創作意欲もがモリモリ湧き、
挿入歌も10曲中9曲ができてしまった。
うれしい〜〜!!

ついでに舞台図面なんかもすべて書き終えられたら、
今年はとても楽にスタートが切れるんだけど。

下のビデオは昨年の本公演「浦島太郎アメージングストーリー」で歌われた2曲です。
ご覧になってみてください!






2011年2月8日(火)
病欠

体調を崩して仕事を休む、ということがほとんどない。
たぶん2年に1回ぐらいか。
昨日、その2年に1回がやってきた。
日曜日から何となく体の節々が痛み、体がだるく、食欲もなく、どうしたのだと思っていたが、
昨日朝、風邪でも頭痛でもなく、熱があるわけでも吐き気がするわけでもないのに、
体全体が鉄のジャケットでも羽織ったように重く、いうことをきかない。
病気でもないのに休むことに罪悪感を感じてしまうところがまた、難儀なところだが、
思い切って休むことにした。
体は良くも悪くも着実に年を重ねている。
うまくつきあっていかなければ。


2011年2月5日(金)
旧正月

昨日は旧正月のため、祝日、で、休校。
来週にはムハンマドの生誕祭、
来月はバリヒンドゥーのお正月、ニュピである。
インドネシアには宗教がらみの祝日が多い。

日本には、宗教に関する祝日は全くない…んですよね?
…と不安になった浦島花子はさっそくインターネットで確認。
やっぱりなさそう…。

だが、浦島花子はこの祝日一覧を見て、
全く別件でがく然とした。
なんだこの昭和の日っていうのは。
見たことも聞いたこともない!!
引き続き調べたら、昭和天皇の誕生日であったみどりの日を移動させて、
改めて昭和の日という名前にしたそうな。
さぞかし祝日名も、幾度も会議を重ねて決定まで持っていくのだろうなぁ。

元日
成人の日
建国記念の日
春分の日
昭和の日
憲法記念日
みどりの日        
こどもの日
海の日
敬老の日
秋分の日
体育の日
文化の日
勤労感謝の日
皇誕生日

2011年2月3日(水)
卵のおはなし

昨日卵の話を書いて思い出した。
私の田舎、広島はお好み焼きが名物である。
毎回帰省するたびにいろいろなお店でお好み焼きを食べるのだが、
昨年行ったお好み焼き屋さんで初めての経験をした。
最後に入れる卵をお店のお兄さんが割ったとたん、
滑り落ちてきたのは双子ちゃん。
双子の卵は何度も見たことがあるが、
目の前で焼かれる自分のお好み焼きにそれが当たるとは!
ものすごくラッキーな気がしたが、
コレステロールを気にしている姉などが聞いたら、
アンラッキーと言うかもしれない。


2011年2月1日(火)
卵のサイズ

2月に入った。
という理由からではないが、2つの卵の写真を。
日本人の目から見るとSサイズとLサイズぐらいに見えるこの卵、
同じ一つのパックに。
この大きさの違いをなんと表現したらいいだろう。
実際は重さも異なるので、その違和感はかなりのものである。
吉野家も大戸屋も牛角も上陸したインドネシアだが、
一つの料理に使われている卵の量は、
多いに差があるということになる。
味も変わるのでは? …と、素人の心配をよそに、
どこもお客さんがよく入っているようである。

 Jakarta Communication Club

JCC1- Jl.Cipaku2 No.27 Kebayoran Baru Jakarta Selatan 12170 INDONESIA
(TEL) 7203966/72791829 (FAX) 7203966

JCC2 - Jl.Cipaku2 No.4 Kebayoran Baru Jakarta Selatan 12170 INDONESIA
(TEL) 7257266/7250530 (FAX) 7257266


http://jccindonesia.com