Copyright © 1997-2020 Jakarta Communication Club All Right Reserved Jakarta Communication Club since1997 Language Center

Ibu Ibuki Meguru adalah perawakilan dari studio comic bernama Ouju-kai.

Pada tahun 1980an, beliau bekerja untuk menggambar illustrasi animasi.

Setelah itu menulis novel pemuda di perusahaan penerbit Shueisha.

Tetapi sekarang lebih mengutamakan membuat comic jenre love romance.

Tugasnya adalah baca novel dan dirapihkan sebagai skenario comic,

untuk comic sebanyak 125 halaman.

Tugas menggambar dikerjakan oleh Ibu Shinohara Masami sejak waktu mahasiswa.

Aktifitas sebagai pengemar anime dan comic pun terus dilanjutkan sejak mahasiswa.

Comic paling favorit Ibu Ibuki adalah Kimetsu no Yaiba.


伊吹巡さんは漫画制作スタジオの(有)桜珠会という会社の代表を務めています。

1980年代には、アニメーションの動画を描く仕事もしていました。

その後、集英社などで若者向けの小説を書いていましたが、

現在はラブロマンスを主体とするハーレクイン系の小説を漫画にする仕事を中心に活動しています。

一冊の小説を読んで、物語を125枚の漫画になるように整理し、脚本に書き改めます。

作画は学生時代からの長年のパートナー、篠原正美さんが担当しています。

漫画やアニメのファン活動、自費出版も学生時代からずっと続けています。

伊吹さんが今最も注目している漫画は「鬼滅の刃」だそうです。

伊吹巡 Ibuki Meguru (Mangaka Profesional)